トリプルクラウンが豊富な掲載サイトだよ♪

PR

トリプルクラウンへようこそ

 
自分の知ってるハワイの中でもヤシの木がかなり豊富なハレイワ?
 
このロケーションサイコーですよね?!!
 
 
 
 
ハレイワは、サーフィンのコンテスト、
トリプルクラウンの第1戦目のポイントでもあり、
11月はちょー有名選手たちが気合い入りまくりでサーフィンしています
サイズが上がると10オーバーでも出来るときもあり、
逆に小さい時はキッズから年寄りの人まで楽しめる波にもなります?
今日もサイズはセットで5ftくらいでかなりファンな波でしたー
明日はノースショア、サイズが上がってくるみたいです?ヒュージサーフらしいー
チョコレートバレルが本領発揮しそうですねー
早く綺麗なノースでやりたいなぁーーー!

?

写真はトラックスにて?
ハワイは水温も上がってきて、日中はとっても気持ち良いですよ?!

—————————————————————————————-

▼河村海沙スポンサー
100%新潟産こしひかりひばり

ひばりは、数百年培われてきた粘土層の土壌と希少な軟水エリアに限定して栽培されます。こうした生産エリアのお米だけが、オリジナルブランド「ひばり」を作り出します。

?
―――――――――――――――――
提供:株式会社Farm Express
URL:
検索:ファームエクスプレス
TEL:0120-787-058
―――――――――――――――――

トリプルクラウンは只今人気沸騰中、リアル店舗にない楽しい表現でショッピングできます

今回のカムバと過去の音楽番組活動などを比べてみました。
うぃのはまだ1つの正規アルバムとミニアルバム、そして今回のシングルアルバムしか出してませんが、REALLY REALLYの反響って実際数字にしたらどうなんだろう、と思って調べてみました。
こういうところで変なオタク魂が発揮されるwwww
まず新人としては異例のチャートを席巻し、大成功といわれたデビュー曲、Empty とColor ring。
2曲がタイトル曲となっているデビューアルバム、2014 S/Sは8月12日にリリース。
その後、初出演した音楽番組は8月17日の人気歌謡。
0817    人気歌謡
0821    Mcountdown   1位
0824    人気歌謡   1位
0828    Mcountdown   1位
0831    人気歌謡    1位
0907    人気歌謡    ノミネート
0918    Mcountdown   1位
0921    人気歌謡   ノミネート
0929    Mcountdown   (Don’t flirt , empty)
1005    人気歌謡   (Don’t flirt)
1009    Mcountdown   (Don’t flirt)
1012    人気歌謡   (Don’t flirt)
1016    Mcountdown   (Don’t flirt)
1位候補(ノミネート)は計7回、そのうち5回1位を獲得しています。
正規アルバムだったこともあり、曲数が多かったので、途中からDon’t flirt(キブリジマ)を披露してますね。
次は昨年のEXIT:E、BABY BABY とセンチへの音楽番組活動を。
リリース日は2016年2月1日。
番組初登場は2月4日のMカです。
0204  Mcountdown  (タイトル2曲+immature)
0214  人気歌謡 ノミネート
0218  Mcountdown   ノミネート
0221  人気歌謡    
0225  Mcountdown   1位
0228  人気歌謡
0306  人気歌謡

うーむ。バンダルチングの放送もあって放送活動は早々に切り上げているのと、序盤はヨチンと活動が被っていて1位獲得は難しかったというのがあるかな。
ただそのあと候補にもあがっていなかったというのが、周囲から失敗と言われていた原因かと。
そして今回のFATE NUMBER FORの活動ですね。
リリースは4月4日、初放送は4月8日です。
0408  音楽中心
0409  人気歌謡
0413  Mcountdown  1位
0415  音楽中心 
0416  人気歌謡  1位
0420  Mcountdown  1位
0422  音楽中心  1位
0423  人気歌謡  1位
0429  音楽中心  ノミネート
0430  人気歌謡  
0506  音楽中心
0507  人気歌謡
0511  Mcountdown   ノミネート
0514  人気歌謡    ノミネート
0518  Mcountdown   ノミネート
0520  音楽中心

ざっとこんな感じでしょうか。
リアルタイムで追っていたので、出演していないMcountdown もリストに入れました。
1位獲得は5回、候補(ノミネート)は計9回。
ただMカと人気歌謡はトリプルクラウン制度がありますが、うぃのはそれぞれ2回ずつしか1位を取ってないのでノミネートはされ続けるという感じです。もしトリプルクラウンを達成していたら、早々にノミネートから外れていたので。
今フニのインタビューが掲載されたSINGLESという雑誌の記事の和訳をせっせとやっていますが(集中力散漫で全然捗らない)、そこにも言及されていましたが、8週プロモーション活動をするというのは、YG内ではうぃのが初めてだそうです。
確かにびっべんもデビュー当時は分かりませんが、最近は全然音楽番組に出る回数も少ないし、というよりそこに重きを置いてない。
あのレベルだと別にプロモーション活動なんてしなくても、注目度は抜群にあるし、今更1位を取る取らないという事にこだわっていないですよね。
ツアーで忙しいという理由もあると思いますが。
そう考えると、うぃのや昨日カムバしたiKON、ブルピン達は積極的にプロモーション活動をする必要があると個人的に思います。
地道な活動してこそ、後々の人気につながるかもしれないから。
話が脱線しましたが、デビューアルバムの反響とと比べると明らかに今回の方が反響が大きかったというのが、少し分かるかなと思います。
ストリーミングに関してですが、丁寧にまとめて下さってる海外の方がいました。
まずはこれまでのタイトル曲
EMPTY 
COLOR RING
DON’T FLIRT
BABY BABY
SENTIMENTAL 
REALLY REALLY
FOOL
の7曲のガオンチャートストリーミングをグラフ化したものです↓

ちょっと見辛いですが…

緑のラインがREALLY REALLY、グラフで言うと上から2番目の青のラインがEMPTY ですが、
そもそもスタートからして違いますね。
そして圧倒的にストリーミング数が多い。
あとcolor ring とセンチへも意外とセンチへの方が多かったりする!!
それからびっべん、ブルピンと比較
したグラフ↓

まずはびっべんのMADE FULL ALBUM に追加された3曲と比較。

一番上がFXXK IT、さすがとしか言えないぐらい圧倒的ですが、普通右肩下がりになるはずが、REALLY REALLY (黒線)は上がっている!!!
続いてブルピンと比較
WHISTLE とブルチャンナンとREALLY REALLY がものすごく良い勝負wwww
ブルピンは未だに4曲しかないし新人だけどどのストリーミングでも息が長いですよね?
それ以上にストリーミングされているというのがここから分かるかな。
ただ音源チャートにもMelonだったりMnetだったり色々ありますし、このグラフもどこがソースなのかちょっと分からないので、あくまでも目安ですが、グラフ状にして目に見える形にしてみるとなかなか面白いです
2017年が終わる頃には相当なストリーミング数がされているんだろうな?
あとはこれから出ると思われる(完全に信用はしていないw)新曲たちも大衆の注目を得られるといいな、と思います。
欲を言えば年末の授賞式で今年の曲賞とか可能性あるのでは…と
まだ上半期も終わってないですけどね!!
東方神起も帰ってくるし、波に乗ってる防弾少年団もいるし…
ただボーイズグループに関して言うと、音源チャートは弱いんですよね…
音盤の販売枚数はあまり参考にならない面もあると思います。2形態、4形態出せば、そりゃファンはどちらも欲しがるでしょうから、単純計算だと2倍4倍の売り上げが出せる訳です。
しかもついてくるフォトブックやリリイベの応募券が欲しいファン以外の、曲だけを聴きたい一般の人たちは購入する確率は低い…
となるとストリーミングやダウンロード数がより大衆に受け入れられたか否かを判断しやすいものかな?と。
要はですね!!
年末の歌謡祭でうぃのに大賞を!!!!

ということです!!以上です!!(雑)
[広告] 楽天市場
  • 戦慄のトリプルクラウン ソ-ド・ワ-ルド2.0リプレイ 下 /KADOKAWA/北沢慶 / 富士見DRAGON BOOK【中古】afb
  • Champro トリプル クラウン オープン Bottom ベースボール パント with Piping - NEW! - ホワイト with ロイヤル Piping - 2X-ラージ (海外取寄せ品)
  • 戦慄のトリプルクラウン ソード・ワールド2.0リプレイ 下 富士見ドラゴンブック / 北沢慶 【文庫】
  • ソード・ワールド2.0リプレイ 戦慄のトリプルクラウン 下   / グループSNE 著 - KADOKAWA
  • 戦慄のトリプルクラウン 下 (富士見DRAGON BOOK 646 ソード・ワールド2.0リプレイ)[本/雑誌] (文庫) / 北沢慶/著 グループSNE/著
  • 戦慄のトリプルクラウン 下/北沢慶/グループSNE【2500円以上送料無料】

PR

コメントは受け付けていません。