もっとトリプルクラウンの話、しませんか。Answer for You

PR

この星に、たしかな未来を。Dramatic Technologies トリプルクラウン

大分 実ってきました

100の試練を乗り越えて、お客様のお手元にトリプルクラウンが届きます。

映画‘軍艦島’スチールカット.
 
すでに三回目着た軍服だ。
着るたびに反応は爆発的だ。
俳優ソン・チュンギが’軍服’でトリプルクラウンを達成する展望だ。
去る2013年国の招請を受けて入隊、堂々と軍服務を終えたソン・チュンギの前には、
軍人キャラクターが登場する二編の作品が配達された。
ソン・チュンギを上位1%韓流スターとして急浮上するようにさせたドラマ’太陽の末裔’と、
映画’軍艦島(リュ・スンワン監督)’だ。
 2年ずっと着た軍服がうんざりすることもある状況でソン・チュンギは、
突然のイメージ変身でない自然な変化を選んだし、
2年さらに軍服を着て観客らと会うのを躊躇しなかった。
 
去る2013年8月、俳優ソン・チュンギが現役入隊を控えて江原道(カンウォンド)、
春川市(チュンチョンシ)102補充隊の前でファンたちに挨拶している。
 
選択は神の一枚、結果は大成功だった。
誠実な軍生活で好感度を高めたソン・チュンギは事前製作ドラマという冒険の下の、
色々な先輩俳優がキャスティング ボードに上がった’太陽の末裔’台本を直ちに捉えた。
視聴率30%という驚異的な記録と症候群の主役になった彼は大勢スターで、
触れることはできないトップスターであり韓流スターで発足、
‘軍隊に行ってくれば停滞する’という俗説までぶち壊した。
ソン・チュンギの次に’プッと’もやはり破格的。
日帝時代、それも日本政府で鋭敏で敏感がる軍艦島を素材で扱った映画’軍艦島’だ。
合流をすがすがしく確定して単純なスターでない真正性ある俳優で新しい路線を突き抜けた。
企画段階から累積観客数1000万人を目標にした作品であるだけに、
‘軍艦島’の興行は事実上当然。
ソン・チュンギは意味のあるフィルモグラフィーと興行という二匹のウサギを、
みな捉えることになるものと見られる。
 
‘太陽の末裔’’ユ・シジン大尉で熱演したソン・チュンギ[写真=KBS提供]
 
累積観客数665万人に光る’オオカミ少年(チョ・ソンヒ監督)’と’太陽の末裔’を通じて、
すでにスクリーンとブラウン管で全部通じる幾つにもならない俳優の間’一番上順位’にある、
ソン・チュンギは現在の忠武路(チュンムロ)で投資家が捉えたい俳優0順位だ。
キム・スヒョン、ユ・アインと共に同じ年頃俳優中トップ3で位置づけすることもした。

忠武路(チュンムロ)事情に精通したある製作会社関係者は、

“投資家がひとまず叫ぶ名前がある。

作品のジャンル、キャラクターの性格も見ないまましなくて’が俳優キャスティングしたい’で、

投げて見ることだ。

別名投資を動かす俳優だけで称する”

と話した。

引き続き、
“事実俳優はキャスティング自体よりこのラインに入るのを最初の目標に考える。
年齢帯別に三人ないし五人程度がいてキム・スヒョン、ソン・チュンギ、ユ・アインが、
同じ年頃中ではトップだ。
スター性に演技力までなる俳優で大きいイシューがないならば変動しない名簿だ。
誰でもつけば投資は一瀉千里だ。
受けるシナリオの量と質全部確かに違うだろう”
と耳打ちした。
 
 
だから’軍艦島’に対する期待値もやはり格別だ。
ソン・チュンギが軍除隊後初めてのスクリーン復帰作であり、
5年ぶりの映画次期作という点も格別な意味を持つ。
また、軍人だが時代を遡って今回は’独立’という修飾語がつく。
時代を問わず’軍人ソン・チュンギはいつも正しい’ということを証明することと占われる。
‘軍艦島’投資・配給会社CJエンターテインメントもやはり’軍艦島’広報と興行に、
死活をかけている。
ソン・チュンギ効果を正確ににらむようだ。
実際’軍艦島’公式広報日程が次から次へ確定して、

< div dmcf-pid="n0LrnM8H16" dmcf-ptype="general">すでにチケット戦争が予告されている状況。