リベラリズムの崩壊とトリプルクラウンの勃興について

PR

70個以上のトリプルクラウン関連のGreasemonkeyまとめ

おめでとう

そして す?くん

取り急ぎ…
万歳
色々お借りしました

トリプルクラウンとか言ってる人って何なの??

ベルモントステークスの海外サイトでエピカリスが勝つ5つの理由をあげているので翻訳にぶっこんでみました。
訳元タイトル

Belmont Stakes 2017? Five reasons why he can

訳がおかしいですけど、そこは大体で脳内変換して下さい()
あなたがEpicharisが今年のBelmont Stakesへの新規参入以上のものではないと思うなら、私はここから日本からのコルトがそれ以上のものだと伝えたいと思います。ライン上のNYRAによって100万ドルのボーナスが提供されているこのSunday Silenceの孫は、正当なプレイヤーだけでなく、すべてのものを飛び越えることができます。 EpicharisがChampionのTestを勝ち取ることができると私が信じている理由は5つあります。
#1 – 高いクルージングスピード – 距離にもかかわらず、ベルモントステークスは、早い距離にとどまるために十分な自然なスピードを持っている馬がしばしば勝つレースであり、ストレッチを下ろすために十分なスタミナを持っています。事務局の1973年の非現実的な演技はこれの最良の例ですが、多くの版は単なる死ぬほどの馬が早く近くにいることで勝ちました。いくつかの国際荷送人とは異なり、Epicharisは非常に高い巡航速度を持っています。 5つの生涯のうちの4つの勝者は、早い段階でリーダーになるか、またはストーキングのポジションが非常に高いスピードを持っています。そこから、クラス分けしているのと同じくらいスタミナになる。 Epicharisには、その両方がたくさんあります。早いペースを設定した後、彼は2時に最終レースで何をするのかを見てください。
#2 – 外的効果 – ゴーアンドゴーが1990年版で逃げ出して以来、国際ランナーはベルモントステークスで得点を記録していないが、外国の馬は日常的に米国に来て、12羽の羽毛でレースを勝つ。はい、実際にはそれらの大部分は芝生にありますが、私たちの長距離塵の競走の多くは米国外で訓練された馬にも行きます。理由?トレーニングと育種。日本でもそうであるように、世界の多くにあるように、外国人レース国は、12個の毛長以上のレースに重点を置いています。何年にもわたって繁殖が見られますが、馬は訓練されています。アメリカではスピードがここでは重要ですが、海外ではスタミナが不可欠です。 Epicharisは、Belmontの他の馬よりも距離のために多くの訓練を受けており、彼は最初からそのように訓練されています。
#3 – ラニに尋ねる – ラニはベルモントステークスのトロフィーを母国に戻すことに成功しなかったかもしれないが、真実は昨年の日本人ランナーが大きな競争をしたことである。彼の幅広い遅いラリーラリーでは十分ではありませんでしたが、早ければ早い段階で巻き込まれるほどのスピードを持っているかどうか想像してください。ベルモントは、競争だけでなく勝つことができるレースだということを日本人に実証した。時間はたった今伝えられますが、今年は信じていますが、彼らは昨年よりも強い馬をもたらしています。
#4 – Belmontは常に目標だった – Epicharisは明らかに日本で最高の3歳の汚れ馬であり、彼のコネクションにはバレンタインデービーのための彼の国の自動予選者だった。集合的な目をする。むしろベルモントは常に目標だった。彼らが2億ドルのUAEダービーで走るためにドバイに行ったときでさえ、彼らはそれが彼の次になるトリプルクラウンの最後の足であることを知らされました。私にあなたにこれを頼みましょう – ベルモントにはいくつのアメリカの馬が指摘されていますか?いいえ、アメリカの馬にとってはダービーに関するもので、ベルモントはトリプルクラウン生存者と後期開発者のために残しました。 BelmontがEpicharisによって常にターゲットとされたという事実は、見過ごされるべきではない利点です。
#5 – これはバトルテストです – 外国人の馬が重要なレース、特に若い馬や日本からの馬のために来ると、しばしば何を期待するのかが分かりません。私はEpicharisについて異なって感じる。日本で3連勝した昨年のシーズン後、今年は2度の厳しいレースをした。彼の年の最初のレースでは、ダービーの資格を得るために、野外で多くの人が望んでいたレースに勝つための試合だった。その後、2017年に2度目のスタートで、ドバイで2位となる大規模なレースで国際的に実績を上げました。彼の最初の敗北だったが、彼は良い世界を前進させるべきだ。ベルモント・ステークスは今年の3度目のスタートとなり、新鮮でフィット感があるだけでなく、戦闘もテストされなければなりません。
全く意味不明な訳ですな
読めなくていい・・・いいんや
雰囲気だけでも感じようっ・・・

[広告] 楽天市場
  • 戦慄のトリプルクラウン ソ-ド・ワ-ルド2.0リプレイ 下 /KADOKAWA/北沢慶 / 富士見DRAGON BOOK【中古】afb
  • Champro トリプル クラウン オープン Bottom ベースボール パント with Piping - NEW! - ホワイト with ロイヤル Piping - 2X-ラージ (海外取寄せ品)
  • 戦慄のトリプルクラウン ソード・ワールド2.0リプレイ 下 富士見ドラゴンブック / 北沢慶 【文庫】
  • ソード・ワールド2.0リプレイ 戦慄のトリプルクラウン 下   / グループSNE 著 - KADOKAWA
  • 戦慄のトリプルクラウン 下 (富士見DRAGON BOOK 646 ソード・ワールド2.0リプレイ)[本/雑誌] (文庫) / 北沢慶/著 グループSNE/著
  • 戦慄のトリプルクラウン 下/北沢慶/グループSNE【2500円以上送料無料】

PR

コメントは受け付けていません。