スイカは只今人気沸騰中、ビックリされるのがこのアイテム数の多さです

PR

スイカ以外全部沈没

夜明け前に走った。
東の空に三日月が出ていた。

町灯りが少ないマイコースで見る三日月。光が当たっている部分、、、いわゆる三日月。光が当たらない部分、、、カゲの部分がよく見える。だから、丸い巨きな岩に強い光が当たって三日月に見えていることがよく分かる。
街中だとこのカゲの部分が見えにくい。三日月部分しか見えないので、月が欠け食べ終えたスイカみたいに見える。

太陽系のカタチを妄想していた昔の人がいたかも知れない。
たとえばそば屋の小僧の田吾作は世が世なら天才物理学者の才覚がある。でも、お会計が速い変わり者くらいにしか思われてない。

お天道様の光が当たって月が輝く。たぶん地球も輝いてる。月から見た地球はどう見えるか、三日月に見えているのか、日食、月食、ってなんだらう?
じっと三日月を見上げていた田吾作は唐突にケプラー法則を思いつくんだけど女将さんに「いっつまで夜空見てんだよ、恋でもしてんのかい!すっとこどっこい!」と言われて仕事に戻る。

田吾作が見ていた月をスマホで写しておいた。ところが月は光量が足りないのか写っていない。画面にはただの暗闇が広がっていた。

にほんブログ村 にほんブログ村

スイカのオークションより安い通販ショップ、いくつ持っていても助かる商品だから安く買えたらうれしいですね

     〇 我が家の犬    読者さんから、愛犬の画像をと言われてましたので、少し出しましょう。上の写真は、去年の5月に一度出したものですね。 ジャックラッセルテリアが少し入ってるようですが、基本は雑種。もうすぐ11歳、体重は11kg。写真は2年前のものですが。       嫌いなものは梅干しとスイカくらいで、それ以外はなんでも食べます。 写真は改築前の台所なので、4年前くらいの写真、バナナを食べるの図     現在の姿、11歳。かつて真っ黒だった顔に、白髪が目立つようになりました。     臆病で警戒心が強く、よく吠えます。これは一生、直らないでしょう。外の世界をのぞき見。    外から見ると、こんな感じですね  まだまだ元気なので、15歳くらいはいくかなと思っております^^       〇 アジメールつづき    さて、インドのイスラム都市・アジメールの続きです。次は、インド最古級のモスクを目指します。      途中、汚い水がドワ~ッと流れてきました。ゴミをいっぺんに流してしまおうという作戦でしょうかねえ(;^_^A     そしてモスクに到着☆  モスクの名前はダーイー・ディン・カー・ジョーンプラー。訳して「2日半の小屋」。なんでも、2日半建てられたそうな。 ヒンドゥー寺院を取り壊し、その部材を使って建てられているので、あまり日数はかからなかった、ということなんでしょうね。     それでは入りましょう(※注1)。      中は広々、いい感じ  デリーの世界遺産、クトゥブ・ミナールのモスクなどと共に、インド最古級のモスクで、12世紀後半の建造。      礼拝堂の前には、7連アーチ(これは疑似アーチ)の立派なファサードが  クトゥブ・ミナールのモスクにも、モスク前には疑似アーチのファサードがありましたが、今はほとんどが崩壊していました。 しかしこちらは中央のミナレットを除けば、かなりしっかりと残ってます   崩壊したクトゥブ・ミナール・モスクのファサードの一部     ファサードには、びっしりとコーランの文字が刻まれてます。それにしても、よく崩壊しませんねえ(※注2)。      裏側からは、疑似アーチであることが特によく分かります。う~ん、やっぱり最高w 10分くらい眺めてたでしょうか(いや、もっとかなw)       礼拝堂内部は、圧巻の多柱式。完全にインド土着式の石造建築であります。      柱は、ヒンドゥー寺院のものを転用していますね。偶像が削られたようなデザインのものが所々にありました。    上を見上げます。天井のデザインもヒンドゥー風☆  「おい、栄養国民、いつも上ばかりだな。たまには下を見たらどうだ」・・・・・という声が、どこからか聞こえてきましたw ということで、下を見ましょう。      ・・・・・これが下です。鳥の糞だらけであんまり綺麗じゃないんですよね(^▽^;) 礼拝堂には靴を脱いで入りますが、糞には気を付けましょうw     メッカの方向を示すミフラーブは、白大理石製。      ここで、猫ちゃんに出会う この旅で出会った2匹のうちの1匹です。インドは猫が少なく、これが最後の出会いとなりました。       さて、来た道を引き返して、バススタンドに戻りましょう。おばちゃんは人がいても構わず掃きまくり。     さらば、アジメールの門前街     そして、遂に野良豚にも遭遇   野良牛、野良羊、野良山羊と出会って、野良豚だけは出会わなかったインド。やっと出会えました   しかし、インドで豚肉食べる人はかなり限られてますし、何のために豚がいるのかな      何匹かは道路を横断して食事場(ただのゴミ山ですけど^^;)に向かいましたが・・・・・      この2匹は渡りそびれたんですね。車の往来が多くて、動きの遅い豚ちゃんにとって道路横断は命がけ     結局横断を諦め、進みだしました。あらら      やがて草藪の方に消えていったのでした。おしまい。 ・・・・・って、どーでもいい話ですけど(^▽^;)      そして、アジメールバススタンドに到着(拝借写真)です。バスはまあ、オンボロばかり。でも、既にこれが普通という感覚になりました^^; 次の行先はヒンドゥー教の聖地、プシュカルですね。      プシュカルまで30分くらいの旅  アジメールからプシュカルには、30分に1本くらいの頻度で出ているようでした。      そして出発・・・・・おっ、男性たちがトイレ中  横の仕切りはちゃんとあるのに、後ろが完全オープンなのがインドらしいというか^^; しかも、バスが道路に出ていく位置にわざわざ設置してまして。これはもう乗客に見せ付けるのが目的としか言いようがないですねw つづく         〇 インド石造建築3(興味のない人は、スルーして下さい)  ※注1、横架材の上の空洞    この門、矢印位置に疑似アーチで空洞が造られてますが、これは下図の「力」を弱めるためですね。     石材が引張力に弱いことは前に書きましたね。上図の加わる↓力 (曲げモーメント)が大きければ、石梁のような横架材は耐えられず、崩壊しかねません。     そこで、上写真のように、石の横架材の上に空洞を作り、↓の力を弱める工夫が、世界のあちこちで見られます。 因みに上写真は、アトレウスの宝庫(ギリシア・ミケーネ、拝借)の入口。 空洞は疑似アーチ造り。     これなんかもそうですね。写真はカンボジアのアンコール遺跡群。空洞は疑似アーチ造り(拝借)。 石梁は圧縮力に弱いということが、インドでもカンボジアでも、そしてミケーネでも知られていた、ということでしょう。      ※注2、疑似アーチのスパン    礼拝堂前のファサードのアーチ、これは疑似アーチ(迫り出しアーチ)であることは先に書きましたが、中央アーチの開口幅は6mくらいありそうで凄いですね それも、アーチ幅に対してアーチ部分の高さが低く、よくこんな急な迫り出しで崩壊しないなと感心します。     こちらはアンコール・トム南門の疑
似アーチ(拝借)☆  アンコール遺跡群の疑似アーチは、最も広いものでプリヤ・カーン宿駅のスパン4m20cm。上写真の南門は、それよりずっと狭そうですね。 しかも、かなり慎重に迫り出させてますので、この疑似アーチの△はかなりの高さがあります。     アンコール遺跡群も、石材同士の組み方や緊結方法には工夫を重ねていったようですが、それでも疑似アーチによる大きな内部空間はそれほど得られてません(上写真はその一例、拝借)。  なので、インドが疑似アーチでファサードの6m、さらにはドームでそれ以上のスパンを容易に獲得していることに驚くのですね。  ただし、インドの疑似アーチが、どのようにしてそれだけのスパンや、ファサードに見るような急角度で迫り出し得たのか、残念ながら知識はありません。 説明している本などは見つけられませんでしたので・・・・     因みにこれはマヤ文明の遺跡の疑似アーチ(メキシコ、ウシュマル)☆   疑似アーチを調べていて、マヤ文明にも疑似アーチが多く使われていたということを初めて知りました。 ただ、マヤ文明に関しては何も知りませんので、これ以上のことは書けませんけれども。    ☆それでは、疑似アーチ世界最大スパンの建造物は何か? それは・・・・・   ・・・・・先に上で挙げたアトレウスの宝庫(上写真、紀元前1250年頃、拝借)のようです。  この宝庫はなんと直径14.5mもあるんですね。要するにスパンがそれだけあるってことで、間違いなく疑似アーチ世界最大スパンでしょう  インドの疑似アーチドームも、スパン10m超えは1つもありません。まあ、向こうは柱&梁の上にドームを立ち上げているので一概に比較できませんが、それでも紀元前1250年頃でこれだけのスパンを疑似アーチで達成しているとは、驚愕以外の何物でもなく、ただただ驚いたのでした。       

PR

コメントは受け付けていません。